Hangouts, hangover!
ミッション 株式会社ノックダイスは文化創出の会社です。個人の「やりたいこと」を起点とした、スモールでも多様な文化を創出し、世の中を彩り続けます。 ノックダイスは個性と多様性を重要視します。私たちは統合されたブランドから画一的なサービスを提供しません。その代わり、個人店のようにバラエティ豊かなサービスや価値をそれぞれに提供することを目指します。私たちは大量生産と大量消費を前提としたサービスを提供しない代わりに、地域と向き合ったスモールビジネスを手作りで「手触り感を持って」展開することを目指します。私たちは楽しければいい、儲かればいい、美味しければいい、といった偏った価値にならないことを意識し、環境や健康や人と社会のためになるよう気を配ります。
(浅い)歴史 2013.7 私たちは2013年にシステム開発を中心とした会社を創業しました。しかし、ITへの取り組みは目的ではなく私たちにとっては手段です。創業時の定款にはITに関わらない事業目的が将来を見据えていくつも登録されています。 2015.7 2015年にはつつじヶ丘に「Cafe & Bar Bottles」という小さな無骨なバーをオープンしました。これはノックダイスらしい最初のチャレンジです。一人の従業員の「やりたい」という想いを会社全体のやりたいことに昇華し、空間を起点として人と人をつなげるつつじヶ丘なりのバーカルチャーづくりに挑戦してきました。 2018.1 2018年の年初には仙川に「trattoria filo」というイタリアンレストランをオープンしました。これもひとりの料理人の「やりたい」を起点として会社全体で取り組み、食と驚きに挑戦するものです。
カルチャー Hangouts, Hangover! ノックダイスは将来を見据えて合理的に議論をすることを好みますが、とりあえず集まって飲み語らえば何か生まれるのではないかという、偶発性を待つこともしばしばあります。ビジネス的な命題を持ってチャレンジするというだけでなく、集まった人のやりたいことをやるという会社であるため、それぞれの個人が何をやりたいか、どうしたいかを最大限尊重し対話し続けます。
具体的な取り組み
Cafe & Bar Bottles trattoria filo Online Service
人の魅力、空間の魅力 正統派と斬新さのマリアージュ 文化を届ける手段
ボトルズは飲食というツールを起点として、人の魅力・空間の魅力が最大化されるお店づくりをしています。ドリンクはボトルズのDIY精神を体現するクラフトカクテルを中心に、フードはバーシーンにフィットする数少ないものだけ。人との対話と空間を楽しんで頂くつつじヶ丘の秘密基地です。 フィーロは「おいしい」という感覚をひとつ上に引き上げるため、正統派でありながら新しさ、驚き、サービスを届けます。クラフトビールとイタリアンの新しいマリアージュをメインコンセプトに、魚は五島列島から仕入れる放血神経じめの特別な鮮魚。肉はシェフの出身である岐阜の澄んだ環境で育てられた高級和牛、飛騨牛を提供します。 ITはノックダイスにとっては目的ではありませんが、その他の大きな目的を達成するための手段として真剣に磨いているスキルです。サービス自体の提供、業務の補助、マーケティングの武器。文化を拡散するために忘れずに取り組んでいる機能です。
仕掛け人 ノックダイスのみんなはアナログゲームが大好き、みんな自分のトランプを一枚もっています。
Hisa(Boss) Yosh! Sail
代表取締役 執行役員/飲食事業責任者/Chambers Bottles店長
ノックダイスの創業者で代表。WEBデザインやシステム開発を学んだ後、大手企業にてサービス開発や新規事業開発に従事。在職中に株式会社ノックダイスを立ち上げ、現在もパラレルキャリアで活動中。 ノックダイスの飲食事業部「Chambers」の責任者。渋谷の有名バーでバーテンダーを務めた後、複数の店舗の起ち上げに従事。BottlesとFILOをまとめて「共有できる味覚の提供」をコンセプトに活動している。 Cafe & Bar Bottlesの店長。元幼稚園教員、音楽活動家という異色の経歴を持ちながらBottlesの顔としてカルチャー発信の旗艦となっている。事業化していないものの、ノックダイスの音楽や知育分野の活動も模索している。
Ya'chan Yacoco Ken
filo料理長 顧問 Bottles従業員/元取締役
FILOの料理長。岐阜出身で実家も惣菜屋、学業でも料理を専門的に学び、複数の店舗で修行した生粋の料理人。これまで培ってきたノウハウを武器に仙川で暴れまわる。 マーケティングやサービスデザインの分野で経験を積み、ノックダイスでは経営全体のアドバイザリーを担っている。創業メンバーと同じ熱量で取り組む静かで熱い男。 取締役を解任されボランティアになったという奇跡の経歴を持つ異端児。現在は正式な従業員にカムバックし、ノックダイスを下支えしている、頼れないようで頼れる男。

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。

Copyright 2013 knockdice Inc.

Hangouts, hangover!
ミッション 株式会社ノックダイスは文化創出の会社です。個人の「やりたいこと」を起点とした、スモールでも多様な文化を創出し、世の中を彩り続けます。 ノックダイスは個性と多様性を重要視します。私たちは統合されたブランドから画一的なサービスを提供しません。その代わり、個人店のようにバラエティ豊かなサービスや価値をそれぞれに提供することを目指します。私たちは大量生産と大量消費を前提としたサービスを提供しない代わりに、地域と向き合ったスモールビジネスを手作りで「手触り感を持って」展開することを目指します。私たちは楽しければいい、儲かればいい、美味しければいい、といった偏った価値にならないことを意識し、環境や健康や人と社会のためになるよう気を配ります。
(浅い)歴史 2013.7 私たちは2013年にシステム開発を中心とした会社を創業しました。しかし、ITへの取り組みは目的ではなく私たちにとっては手段です。創業時の定款にはITに関わらない事業目的が将来を見据えていくつも登録されています。 2015.7 2015年にはつつじヶ丘に「Cafe & Bar Bottles」という小さな無骨なバーをオープンしました。これはノックダイスらしい最初のチャレンジです。一人の従業員の「やりたい」という想いを会社全体のやりたいことに昇華し、空間を起点として人と人をつなげるつつじヶ丘なりのバーカルチャーづくりに挑戦してきました。 2018.1 2018年の年初には仙川に「trattoria filo」というイタリアンレストランをオープンしました。これもひとりの料理人の「やりたい」を起点として会社全体で取り組み、食と驚きに挑戦するものです。
カルチャー Hangouts, Hangover! ノックダイスは将来を見据えて合理的に議論をすることを好みますが、とりあえず集まって飲み語らえば何か生まれるのではないかという、偶発性を待つこともしばしばあります。ビジネス的な命題を持ってチャレンジするというだけでなく、集まった人のやりたいことをやるという会社であるため、それぞれの個人が何をやりたいか、どうしたいかを最大限尊重し対話し続けます。
具体的な取り組み trattoria filo 正統派と斬新さのマリアージュ フィーロは「おいしい」という感覚をひとつ上に引き上げるため、正統派でありながら新しさ、驚き、サービスを届けます。クラフトビールとイタリアンの新しいマリアージュをメインコンセプトに、魚は五島列島から仕入れる放血神経じめの特別な鮮魚。肉はシェフの出身である岐阜の澄んだ環境で育てられた高級和牛、飛騨牛を提供します。 Cafe & Bar Bottles 人の魅力、空間の魅力 ボトルズは飲食というツールを起点として、人の魅力・空間の魅力が最大化されるお店づくりをしています。ドリンクはボトルズのDIY精神を体現するクラフトカクテルを中心に、フードはバーシーンにフィットする数少ないものだけ。人との対話と空間を楽しんで頂くつつじヶ丘の秘密基地です。 Online Service 文化を届ける手段 ITはノックダイスにとっては目的ではありませんが、その他の大きな目的を達成するための手段として真剣に磨いているスキルです。サービス自体の提供、業務の補助、マーケティングの武器。文化を拡散するために忘れずに取り組んでいる機能です。
仕掛け人 ノックダイスのみんなはアナログゲームが大好き、みんな自分のトランプを一枚もっています。
Hisa(Boss) Yosh!
代表取締役 執行役員/飲食事業責任者/Chambers
ノックダイスの創業者で代表。WEBデザインやシステム開発を学んだ後、大手企業にてサービス開発や新規事業開発に従事。在職中に株式会社ノックダイスを立ち上げ、現在もパラレルキャリアで活動中。 ノックダイスの飲食事業部「Chambers」の責任者。渋谷の有名バーでバーテンダーを務めた後、複数の店舗の起ち上げに従事。BottlesとFILOをまとめて「共有できる味覚の提供」をコンセプトに活動している。
Sail Ya'chan
Bottles店長 filo料理長
Cafe & Bar Bottlesの店長。元幼稚園教員、音楽活動家という異色の経歴を持ちながらBottlesの顔としてカルチャー発信の旗艦となっている。事業化していないものの、ノックダイスの音楽や知育分野の活動も模索している。 FILOの料理長。岐阜出身で実家も惣菜屋、学業でも料理を専門的に学び、複数の店舗で修行した生粋の料理人。これまで培ってきたノウハウを武器に仙川で暴れまわる。
Yacoco Ken
顧問 Bottles従業員/元取締役
マーケティングやサービスデザインの分野で経験を積み、ノックダイスでは経営全体のアドバイザリーを担っている。創業メンバーと同じ熱量で取り組む静かで熱い男。 取締役を解任されボランティアになったという奇跡の経歴を持つ異端児。現在は正式な従業員にカムバックし、ノックダイスを下支えしている、頼れないようで頼れる男。
Hangouts, hangover!
ミッション 株式会社ノックダイスは文化創出の会社です。個人の「やりたいこと」を起点とした、スモールでも多様な文化を創出し、世の中を彩り続けます。 ノックダイスは個性と多様性を重要視します。私たちは統合されたブランドから画一的なサービスを提供しません。その代わり、個人店のようにバラエティ豊かなサービスや価値をそれぞれに提供することを目指します。私たちは大量生産と大量消費を前提としたサービスを提供しない代わりに、地域と向き合ったスモールビジネスを手作りで「手触り感を持って」展開することを目指します。私たちは楽しければいい、儲かればいい、美味しければいい、といった偏った価値にならないことを意識し、環境や健康や人と社会のためになるよう気を配ります。
(浅い)歴史 2013.7 私たちは2013年にシステム開発を中心とした会社を創業しました。しかし、ITへの取り組みは目的ではなく私たちにとっては手段です。創業時の定款にはITに関わらない事業目的が将来を見据えていくつも登録されています。 2015.7 2015年にはつつじヶ丘に「Cafe & Bar Bottles」という小さな無骨なバーをオープンしました。これはノックダイスらしい最初のチャレンジです。一人の従業員の「やりたい」という想いを会社全体のやりたいことに昇華し、空間を起点として人と人をつなげるつつじヶ丘なりのバーカルチャーづくりに挑戦してきました。 2018.1 2018年の年初には仙川に「trattoria filo」というイタリアンレストランをオープンしました。これもひとりの料理人の「やりたい」を起点として会社全体で取り組み、食と驚きに挑戦するものです。
カルチャー Hangouts, Hangover! ノックダイスは将来を見据えて合理的に議論をすることを好みますが、とりあえず集まって飲み語らえば何か生まれるのではないかという、偶発性を待つこともしばしばあります。ビジネス的な命題を持ってチャレンジするというだけでなく、集まった人のやりたいことをやるという会社であるため、それぞれの個人が何をやりたいか、どうしたいかを最大限尊重し対話し続けます。
具体的な取り組み Cafe & Bar Bottles 人の魅力、空間の魅力 ボトルズは飲食というツールを起点として、人の魅力・空間の魅力が最大化されるお店づくりをしています。ドリンクはボトルズのDIY精神を体現するクラフトカクテルを中心に、フードはバーシーンにフィットする数少ないものだけ。人との対話と空間を楽しんで頂くつつじヶ丘の秘密基地です。 trattoria filo 正統派と斬新さのマリアージュ フィーロは「おいしい」という感覚をひとつ上に引き上げるため、正統派でありながら新しさ、驚き、サービスを届けます。クラフトビールとイタリアンの新しいマリアージュをメインコンセプトに、魚は五島列島から仕入れる放血神経じめの特別な鮮魚。肉はシェフの出身である岐阜の澄んだ環境で育てられた高級和牛、飛騨牛を提供します。 Online Service 文化を届ける手段 ITはノックダイスにとっては目的ではありませんが、その他の大きな目的を達成するための手段として真剣に磨いているスキルです。サービス自体の提供、業務の補助、マーケティングの武器。文化を拡散するために忘れずに取り組んでいる機能です。
仕掛け人 ノックダイスのみんなはアナログゲームが大好き、みんな自分のトランプを一枚もっています。 Hisa(Boss) 代表取締役 ノックダイスの創業者で代表。WEBデザインやシステム開発を学んだ後、大手企業にてサービス開発や新規事業開発に従事。在職中に株式会社ノックダイスを立ち上げ、現在もパラレルキャリアで活動中。 Yosh! 執行役員/飲食事業責任者/Chambers ノックダイスの飲食事業部「Chambers」の責任者。渋谷の有名バーでバーテンダーを務めた後、複数の店舗の起ち上げに従事。BottlesとFILOをまとめて「共有できる味覚の提供」をコンセプトに活動している。 Sail Bottles店長 Cafe & Bar Bottlesの店長。元幼稚園教員、音楽活動家という異色の経歴を持ちながらBottlesの顔としてカルチャー発信の旗艦となっている。事業化していないものの、ノックダイスの音楽や知育分野の活動も模索している。 Ya'chan filo料理長 FILOの料理長。岐阜出身で実家も惣菜屋、学業でも料理を専門的に学び、複数の店舗で修行した生粋の料理人。これまで培ってきたノウハウを武器に仙川で暴れまわる。 Yacoco 顧問 マーケティングやサービスデザインの分野で経験を積み、ノックダイスでは経営全体のアドバイザリーを担っている。創業メンバーと同じ熱量で取り組む静かで熱い男。 Ken Bottles従業員/元取締役 取締役を解任されボランティアになったという奇跡の経歴を持つ異端児。現在は正式な従業員にカムバックし、ノックダイスを下支えしている、頼れないようで頼れる男。
Hangouts, hangover!
ミッション 株式会社ノックダイスは文化創出の会社です。個人の「やりたいこと」を起点とした、スモールでも多様な文化を創出し、世の中を彩り続けます。 ノックダイスは個性と多様性を重要視します。私たちは統合されたブランドから画一的なサービスを提供しません。その代わり、個人店のようにバラエティ豊かなサービスや価値をそれぞれに提供することを目指します。私たちは大量生産と大量消費を前提としたサービスを提供しない代わりに、地域と向き合ったスモールビジネスを手作りで「手触り感を持って」展開することを目指します。私たちは楽しければいい、儲かればいい、美味しければいい、といった偏った価値にならないことを意識し、環境や健康や人と社会のためになるよう気を配ります。
(浅い)歴史 2013.7 私たちは2013年にシステム開発を中心とした会社を創業しました。しかし、ITへの取り組みは目的ではなく私たちにとっては手段です。創業時の定款にはITに関わらない事業目的が将来を見据えていくつも登録されています。 2015.7 2015年にはつつじヶ丘に「Cafe & Bar Bottles」という小さな無骨なバーをオープンしました。これはノックダイスらしい最初のチャレンジです。一人の従業員の「やりたい」という想いを会社全体のやりたいことに昇華し、空間を起点として人と人をつなげるつつじヶ丘なりのバーカルチャーづくりに挑戦してきました。 2018.1 2018年の年初には仙川に「trattoria filo」というイタリアンレストランをオープンしました。これもひとりの料理人の「やりたい」を起点として会社全体で取り組み、食と驚きに挑戦するものです。
カルチャー Hangouts, Hangover! ノックダイスは将来を見据えて合理的に議論をすることを好みますが、とりあえず集まって飲み語らえば何か生まれるのではないかという、偶発性を待つこともしばしばあります。ビジネス的な命題を持ってチャレンジするというだけでなく、集まった人のやりたいことをやるという会社であるため、それぞれの個人が何をやりたいか、どうしたいかを最大限尊重し対話し続けます。
具体的な取り組み Cafe & Bar Bottles 人の魅力、空間の魅力 ボトルズは飲食というツールを起点として、人の魅力・空間の魅力が最大化されるお店づくりをしています。ドリンクはボトルズのDIY精神を体現するクラフトカクテルを中心に、フードはバーシーンにフィットする数少ないものだけ。人との対話と空間を楽しんで頂くつつじヶ丘の秘密基地です。 trattoria filo 正統派と斬新さのマリアージュ フィーロは「おいしい」という感覚をひとつ上に引き上げるため、正統派でありながら新しさ、驚き、サービスを届けます。クラフトビールとイタリアンの新しいマリアージュをメインコンセプトに、魚は五島列島から仕入れる放血神経じめの特別な鮮魚。肉はシェフの出身である岐阜の澄んだ環境で育てられた高級和牛、飛騨牛を提供します。
Online Service 文化を届ける手段 ITはノックダイスにとっては目的ではありませんが、その他の大きな目的を達成するための手段として真剣に磨いているスキルです。サービス自体の提供、業務の補助、マーケティングの武器。文化を拡散するために忘れずに取り組んでいる機能です。
仕掛け人 ノックダイスのみんなはアナログゲームが大好き、みんな自分のトランプを一枚もっています。
Hisa(Boss) 代表取締役 ノックダイスの創業者で代表。WEBデザインやシステム開発を学んだ後、大手企業にてサービス開発や新規事業開発に従事。在職中に株式会社ノックダイスを立ち上げ、現在もパラレルキャリアで活動中。
Yosh! 執行役員/飲食事業責任者/Chambers ノックダイスの飲食事業部「Chambers」の責任者。渋谷の有名バーでバーテンダーを務めた後、複数の店舗の起ち上げに従事。BottlesとFILOをまとめて「共有できる味覚の提供」をコンセプトに活動している。
Sail Bottles店長 Cafe & Bar Bottlesの店長。元幼稚園教員、音楽活動家という異色の経歴を持ちながらBottlesの顔としてカルチャー発信の旗艦となっている。事業化していないものの、ノックダイスの音楽や知育分野の活動も模索している。
Ya'chan filo料理長 FILOの料理長。岐阜出身で実家も惣菜屋、学業でも料理を専門的に学び、複数の店舗で修行した生粋の料理人。これまで培ってきたノウハウを武器に仙川で暴れまわる。
Yacoco 顧問 マーケティングやサービスデザインの分野で経験を積み、ノックダイスでは経営全体のアドバイザリーを担っている。創業メンバーと同じ熱量で取り組む静かで熱い男。
Ken Bottles従業員/元取締役 取締役を解任されボランティアになったという奇跡の経歴を持つ異端児。現在は正式な従業員にカムバックし、ノックダイスを下支えしている、頼れないようで頼れる男。